約束だって破りたい

よるになればねる

聞かれなくてもいい話を

冴えない男子が、理想の女の子を妄想したり描いたりして『こんな子いるわけないよな〜〜 !寝よ!』と眠りにつく→朝目覚めると横にその女の子が!!

 

 

 

みたいな漫画・アニメの演出あるじゃないですか。それに近しい体験をして、今ものすごくフラフラとしています。

 

 

 

 

長いこと2次オタだったので、わたしの中で『大体どんな漫画やアニメでもこんな奴がツボ』みたいな枠組みが出来てるんですよね。例えば垂れ目・細身みたいな外見のこととか、お調子者だけど影があるといった性格のことまで。自分の嗜好の傾向というか。

 

 

前書きを書くのがどんどんめんどくさくなってきたので、すいません単刀直入に言いますけど、丸山隆平さんが私が二次元に求めているものを持ちすぎている問題』なんですよ。

すごいねまるちゃん。わたしがずっと画面の向こうに求め続けたものをクリアし過ぎてる。こわい人だ。

 

今までもかっこいいな〜と思ってはいた。桐山くんより前から思ってはいた。だから彼を自担に決めた時オレンジの呪いや!って思ったのもはっきり覚えている。

 

きっかけは間違いなく、最近参戦したジャム魂。最高だった。また後日記事にしたい。

参戦前後から、「参加するならとことん楽しむ」為に動画を見漁ったりした。多分それが発火剤。今まで「ハマると怖いから」と避け続けた沼に浸かって火がついた。おそらく浸かったものは沼ではなくガソリンだった。

 

担降りとかではないんです。担当は桐山くん。そこは変わらない。私にとって担当は一緒に泣いて笑いたい人だから。

きっと担当にすると私は丸山さんの全てを知りたがってしまう。それは違う、私は彼の素敵なところだけ見て、「手が届かねえな〜!でも好き!」って盲信的に言い続けてたい。友人たちにもなぜ担当にしねえのかと言われ続けてるけど、なんか違う。でも最高に好き。この気持ちはなんなんだろうか。

 

ライブに行って実現しているのを見ても、ずっと画面の向こうの人みたいで不思議。ライブからずっと、ずっとこのことを考えている。

おかげさまで、メンタルは死んでいるのに生きているのは楽しい。不思議。

 

 

あまりにもまとまりがなさすぎて後々消しそうな記事…きもちわるいな〜〜(笑)

 

でも今こんな気持ちです。

7月だけ上げるつもりで行ったのにな〜8月の全てもあげてしまうぞ、これは。