約束だって破りたい

オレンジの男しか好きになれない

畜生、ふざけんなというはなし

 

「あ〜下唇が、凄く乾燥してますね」

 

以上、先日化粧品コーナーでTUをお願いしたBAさんの印象に残りまくった一言である。

 

リップのTUを依頼したので、「さてついでに唇のコンディションを見てやろう」という親切心の一言だったのだと思う。

その前に「今何か塗られてます?」とも聞かれてたので、もしかしたらリップしか塗ってない喪女へ叱咤激励してやろうという気持ちでもあったのかもしれない。

 

正直に言う。すっっげえムカつきました。

こちとら「自担のお誕生日も近いし、舞台も観に行くから素敵な装備を揃えないとな〜〜」と珍しく女子っぽい足取りでコーナーに来たわけですよ。「どっちの色がいいか分からなくて…」と恥を忍んでTUを依頼した訳ですよ。

 

 

なんで処理の粗さを口出しされなあかんねん!

 

 

いや言われてすぐは反省しましたよ。

「そういえば最近スクラブもしてないし、仕事の時は薬用リップしか塗ってないわ…そりゃカサつくわ…」と。

素直に「結構荒れやすくて…」と反省の色を見せて、なにかアドバイス頂けるかな……BAさんのお顔を見た訳ですよ。

 

いや 唇の皮 むけてますやん

 

上半期お前が言うな大賞 受賞ですよ。おめでとうございます!!

その時点でもう聞く耳持たずだったんですけど、その後もずらずら出てくるセールストーク。分かった、リップ下地の効能がすごいことはわかった。「オシャレな子はこういうので唇をぷっくりさせて〜〜」分かった。喪女がこんなとこ来て申し訳なかった。

店を出て秒で拭ってやった。唇はなんだかピリピリしてた。カプサイシンかなんか入ってんだろうな。

 

 

もちろん、素敵なBAさんも沢山いる。

このような喪女にも凄く親身になって色々教えてくれたBAさんも沢山。そんなお姉さん達から買った装備(化粧品)は、今も一軍として頑張ってくれてます。ありがとう。

 

ただそのBAさんの言葉がず〜〜っと頭の中を駆け巡ってて、最近腹立たしかった。

 

唇が乾燥してるのは事実だ。

でも、なんとか頑張って人並みに綺麗になろうとして、毎日カウンターに勇気振り絞っていってるんですよ……早く人間になりたいんですよ……

その一件と重なって、まあ色々とありまして、自分の人間的魅力にほとほと自信が無くなっておりまして。「もう何にもしたくない……」と、インプットもアウトプットもせず、仕事して寝て仕事みたいなスパイラルに陥っておりました。うーん学習しない女だ。

 

 

そんな時に、アマデウスのチケットが届きまして。なんとまあありがたいことに、いい席でして。

喜びと同時に「このままで行っていいの?」という気持ちがドンドン湧いて来て、所謂逆ギレで大変恥ずかしいのですが

 

「下唇の乾燥がなんだ。二回あっただけでお役御免ってなんだ!ふざけんじゃねえ!!」

 

という気持ちになりまして。

 

 

自担が舞台を頑張る。いい席でそれを見れる。そんな素敵な瞬間に、「わたしはここにいていい人間なの……?」なんてメンタルコンディションで絶対に観に行きたくない。彼に胸を張れる人間で観に行きたい。

 

という訳で、小さな一歩ですが

・まめにリップを塗る→サボってた寝る前も

・件のBAさんのブランドリップを買う

→もちろん違うお店で。すいません粘着質で(笑)

・倦厭していた恋活アプリに登録してみる

→パートナーが欲しいのもあるけど、男性との会話に慣れたい。いい女になりてえ…

・マイナス2キロ

→とりあえず24コンぐらいまでは戻す

 

というのを目標に頑張ってみます。

今回の経験で分かったことがひとつ。わたしは蔑まれた方が燃えるタイプのようだ。

 

逃した魚は大きかったんだな〜と、思い知らせてやりたい。畜生、ふざけんなよ。